モンステラ

モンステラはつる性の着生植物で、原生地では、付着根で樹木やヤシ類などに這い上がって伸びていきます。深い切れ込みや穴がある葉形が独特なので人気があり、小鉢から大鉢仕立てまでいろいろなサイズで楽しめます。
モンステラ(Monstera deliciosa)は、茎は太く、葉は光沢のある緑色となり、羽状に大きく切れ込んだり、葉脈間に穴があいています。大きく育つと、白い仏炎苞と緑色の肉穂花序をつけた花が咲きます。果肉がバナナとパイナップルを合わせたような味でおいしいので、種小名にデリキオサ(美味)の名がつけられています。
一般に鉢物にしているものの多くは、ヒメモンステラ(M.deliciosa var. borsigiana)です。葉がやや小型で、黄色や白色の斑入り品種があります。ヒメモンステラは誤ってアダンソニー(M. adansonii)と呼ばれていますが、アダンソニーは別種です。

価格帯 ---
サイズ感 ---
難易度 普通
適した地域 ---
耐寒性 弱い 耐暑性 強い
日照条件 --- 植え付け時期 5月〜9月
希少性
普通
激レア
原産地 熱帯アメリカ
このページをシェアする
Same Category product

同じカテゴリの商品

more